FC2ブログ

ホスピスで親を看取る

fc2ブログ「浅間山麓徒然日記2」からの抜粋版。77歳の父の胃ガン悪化からホスピス入院で逝くまでの看護日記です。

ホスピスで親を看取る その12

それは翌週の中頃、あっけなく決まってしまいました。


佼成病院です。お父様の受け入れの件ですが、25日にベッドをご用意できますので、入院されるかどうかのお返事をいただきたいと思います。お電話お待ちしております。ピー...。

?????


はぁ?面談は18日だったし、ブース記念病院には足払い、うんにゃ内股透かし一本負けをくらってるだけに、にわかには信じられない面持ちで、

あの~、KUNIEですが、緩和ケア病床お願いします。
はい、KUNIEです。お電話いただきましてありがとうございます。
え、部屋は差額の方。1万8千900円。あ、はい、結構です。今いる慶應病院の転院の調整に25日ぴったりとはいきませんが2~3日で移れると思いますがよろしいでしょうか?
はい、はい、ありがとうございます。


ふ~、ホスピス待機の流浪の民から解放されたぁー。

良かったぁとは思いながら、施設的には高台6階建の最上階病棟専用の広いベランダ付きの眺望開けたブース記念病院より、低地4階建最上階だけど眺め悪しの佼成病院に決まっちまったかぁと、縁の濃淡ははっきりしているのに、西荻窪の先生の

この先生のとこなら死んでもいいか

というポイントに自分自身が腑に落ちてないこともあって、ホスピス待機のまま死なれてしまった方のご家族には申し訳ないけれど、これでいいのかな~??のまま勝手にGOサインを出してしまいました。

えっと、ホントなら冒頭の方で詳しく話しておくべきだったのですが、東京都にあるホスピスのおおよそ半数は差額ベッドです。
というか基本的には個室というのがホスピスのコンセプトの理想形なので、個室で無差額である方が医療費的にはとっても恵まれている(無差額ですが個室ではない複数人部屋は89床なので、無差額の個室は全体の342床/2という訳にはいかないのです。)わけで、一般病棟であれば差額が当たり前のところを無差額に出来るのも、経営母体が公共団体若しくは宗教団体などでなければ維持できないのではないのかなと思わせるところがあります。(ブース記念病院はキリスト教系、佼成病院は仏教系、アタックしなかった東京衛生病院もキリスト教系ですね。勿論いずれも入信や改宗を強いることなどありません。)


さあ、転院初日、慶應病院の個室の倍の面積に障子紙の洒落た窓。思わず父が

まるで新婚さんの部屋みたいに綺麗だな。KUNIE、ここいくらした?

ん、1日1万8千900円。慶應の個室の2/3だよ。

そうか、ここはお得だ、お得だな、アッハッハ。

(別にここだって金が出ていくのに変わりはないのに...)

とは言うものの、こんなことでちびまる子ちゃんの友蔵じいさんのように無邪気に痛さを忘れて笑ってくれる父をたしなめる気にはなれなかったのでした。

明日に続く。

English Version

:ホスピス  人気ブログランキングへにほんブログ村 介護ブログへ
  1. 2008/11/24(月) 07:19:01|
  2. 未分類
にほんブログ村 介護ブログへ